ダイエット中にお勧めの食品

ダイエット中にお勧めの食品

食事制限をしなくても十分な効果が表れるハガレットですが、より効果を期待したい、20キロ以上痩せたいと考えている人には食生活を正すことをお勧めします。

食生活を正すことでより早く、多くのダイエット効果が期待出来ることでしょう。

ハガレットの公式HP

ダイエット中の食事はこれがお勧め

ダイエット中に選ぶべき食品はまず低カロリーであり、食物繊維が豊富で腹持ちがいいものです。

その代表はこんにゃくきのこです。

しらたきやこんにゃくは茹でた後に細かく刻んでご飯に混ぜるとかさましになりますし、それだけでご飯の量が減らせます。

きのこ料理は調べるとたくさん出てきますので、私もレシピ検索してきのこ料理を作るようにしています。

きのこは旨みが強いので、炒め物などでお肉を減らしてきのこを増やすとカロリーオフになりますし満腹にもなります。

味に深みが出るのでとてもお勧めです。

他にはあまり知られていませんが、ミューズリーって知っていますか?

食物繊維が多く噛み応えが抜群で、牛乳をかけないと飲み込めないほどしっかりとしたシリアルです。

噛むことによって少量で満足感が得られますし、ビタミンやミネラルも取れる万能食品と呼ばれています。

コーンフレークやオートミールと並ぶシリアルの仲間なのですが、まだまだ知られていません。

形状から「鳥の餌」なんてなんて可哀想なあだ名もつけられてしまっていますが、栄養価は素晴らしく高いのにカロリーは控えめで、ダイエット中の方や糖質制限をしている人には最適な優秀食品です。

ヨーグルトに混ぜて食べるととても食べやすくなるのでお勧めですよ。

太りにくい食べ方

折角の機会ですので、普段の食べ方を見直してみませんか?

同じ食事でも食べ方によって太りやすさはだいぶ変わってきます。

これはダイエットとは違いますが、健康を考えて食べ方を見直すのもいいと思います。

食べ方にはコツがあります。消費カロリーより摂取カロリーが多いと太るということは皆さんも知っていると思いますが、食事を摂った時の血糖値の上がり方も実はダイエットの重要なカギとなります。

小さい頃にお母さんに「よく噛んでゆっくり食べなさい」と言われたことありませんか?

よく噛んでゆっくり食べる事は、太りにくい食べ方でもあるのです。

逆に太っている人は「ながら早食い」をしているパターンが多いのです。

よく噛む事によって満腹中枢が刺激されて「もうお腹いっぱいだよ」という信号が脳から伝わってきます。

ですからいつもよりも少ない量で満足出来るというわけです。

あまり噛まずに飲み込んでしまうと内臓にも負担がかかってしまうので体にもよくありません。

ダイエットも大事ですが、まずは体の健康を考えて、よく噛んでゆっくり食べる食べ方に切り替えましょう。

ハガレットの公式HP TOPページを見る